sodastreamを使って自宅で炭酸水を製造する

sodastream

家庭で簡単に炭酸水が作れる。

家電製品・・・ではないのだが、家電量販店で売ってる。

最近、ネットで「Amazonで買うのは情弱。情強はヨドバシドットコムで買う」という書き込みをいくつも見ているので、ヨドバシで買ってみた。

12時に申し込んだら、18時には届けられたのでびびった。なんなのこの早さ。

sodastreamには何種類か存在するが、「炭酸水を作る」という点ではどれもまったく一緒。 商品ごとに値段がやけに違うので、何かすばらしい機能がついていのかと思ってしまうが、デザインの違いだけだ(最上位モデル除く)。

sodastream

機能ではなくデザインで倍とか値段を変えてくる発想には驚かされる。 二酸化炭素のボンベを本体に取り付け、冷水を入れた専用ボトルをセットしてボタンを押すだけ。 電動ではなく、簡素なしくみ。

これで本体が1万円もするというのは高すぎだ。競合が少ないからこそできる強気の姿勢。 競合が少ないのは、二酸化炭素ボンベの取り扱いが難しいからだ。 可燃物ではないにしろ、高圧ボンベなのでとても危険。数年前まで、家庭で気軽に扱うことは法律上できなかったくらいだ。

sodastream

そのため、ボンベは一つ一つシリアルナンバー管理がされるし、カラになったボンベはお店に持って行き、新品と交換になる。 そこらへんに捨ててよいというものではない。 このボンベの流通・回収ルートを確保するのはちょっと面倒臭いことだ。

ボンベ単体で4,000円弱。1本のボンベで60リットルの炭酸水が作れる、というが、実際はもっと少ないらしい。

本体価格にしろ、ボンベのコストにしろ、「家で炭酸水を飲む」のは案外お金がかかる。 炭酸水さえあればいい、というハイボールやチューハイ愛好家ならこれで終わりだけど、僕のようにお酒を飲まない人は、ぜひとも炭酸水をジュースにしたい。

ためしに100%フルーツジュースを炭酸水で割ってみたが、味が薄くて全然美味しくなかった。さすがに、濃縮されたシロップを買わないとダメ。

sodastreamの純正プレミアムシロップは、750mlで1,080円とこれまた高額。 確かに「プレミアム」と銘打つだけあって、結構美味しい炭酸飲料が造れた。しかし、トータルコストで見たら、お店でジュースを買ったほうが安い。 望んだときにすぐに炭酸ジュースが飲める、というのも導入効果ではある。

しかし、炭酸というのは冷水でないと溶けないので、常に冷蔵庫に冷水を準備しておく必要はある。 本当にとっさに作れる、というわけではない、ということだ。

重たいジュースをスーパーから家まで運び込まなくてもよくなる、というのは事実だが、実際のところ僕はネットスーパーでジュースをケース買いしており、このメリットは全く興味がない。

結局、「ペットボトルごみが減る」ということだけのメリット、ということになる。 エコ大好き!という人が、なんかそれっぽいことをするなら良いのかもしれない。本当にエコなのかどうかはおいといて。

というわけで、「良い買い物ではあったけど、お金の無駄遣いだよなあ」と良心の呵責に悩みながらここ最近を過ごしている。 きっつい炭酸水を作って、その刺激を大いに楽しんではいるんだけど。

(2014.06.13)



タイトルとURLをコピーしました