寅年の鳩サブレー

兄貴から鳩サブレーを貰った。

今頃になって、「鳩サブレ」ではなくて「鳩サブレー」というのが正式名称だということに驚いたが、それ以上にびっくりしたのがパッケージだ。

あけましタイガー

なんだこのはっちゃけぶりは。

寅年だから、ということで寅をあしらったパッケージ。鳩なのに。酉年でハッスルするならともかく、全然関係のない寅年でなんでこんなに大はしゃぎしてるんだ?というご陽気な絵柄。

なんかタイガーマスクみたいなのがいるし、鳩がラグビーボールを手にトライを決めようとしているのを寅がタックルしているし、馬の着ぐるみの中から寅、寅の着ぐるみの中から馬が頭を出してコンニチハしている絵もある。・・・あれ?鳩は?

そして、箱の横には「なぜかトライアングルを叩いている、寅の着ぐるみを着た鳩」。どういう発想でこんな絵が描けるんだ。鬼才だ。

そして、「あけましタイガー」という文字。これもまたシビレた。だって、普通なら「おめでタイガー」って書くだろ。そんな安直な言葉をチョイスしないで、謎の「あけましタイガー」だぞ?しかも、鳩サブレーなのに。

すべてが素晴らしかった。いやあ、縁起がよい。

(2022.01.02)

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

タイトルとURLをコピーしました