編集後記2014年05月31日

途中サイトのリニューアル作業などが入りながらも、2ヶ月以上かかってようやく「へべれけ紀行-白嶺三山縦走」が連載終了。

その間、何度も試行錯誤をしたり、ハングアップによって消えてしまった文章を半べそかきながら書き直してみたり、いろいろあった。

2014年5月から始まった新サイトは、これまでと違ってブログ形式になった。そのおかげで更新作業が随分と楽になったのは良いことだ。というか、もう「更新」という表現ではなくて「投稿」の方が正しいんだろうな。文章と写真をweb画面に書き込んでボタンを押せば、あとは良きようにブログシステムが整理整頓してくれる。

これまでが大変すぎたんだ。HTMLのタグをいじったり、ページを新しく作ったり、リンクを手作業で張ったり、文章をコピペしたり。文章を書く時間を除いても、1回の更新に15分くらい時間がかかっていた。それが開放されるのだから、これは大きい。

広告

しかし、へべれけ紀行のような、かなり長い連載記事というのはブログというフォーマットととても相性が悪かった。想像していた以上に、ダメだった。結局、何か連載をしている最中は、途中に息抜きとして別の記事(含む編集後記)を投稿できない、というルールにした。blogって日記を前提とした仕組みなので、1話完結が当たり前であり、複数に話がまたがることを想定していないからだ。「前の投稿」「次の投稿」リンクで、前後の記事に移動できるが、あくまでもこの「前」「次」というのは投稿された時系列順のこと。「白嶺三山縦走」の連載途中に編集後記が投稿されていたら、ばっちりそれまでリンクされてしまう。これでは、ページをめくる感覚で次々文章を読んでいくことができない。

このため、現在移植中である旧サイトの記事は、新しい記事の連載の妨げにならないよう昔の日付で公開している。たとえば、5月20日に新サイトに公開された「美貌の盛り」は、ブログ上の日付は2013年10月01日-となっている。これはあくまでも「白嶺三山」の連載の邪魔をしないためだ。あと、「美貌の盛り」自体もサクサク続けて読めるようにするためでもある。

ブログには「コーナー」という概念がない。しかし、このサイトの場合は「コーナー」ありきで記事が作られてきたので、思いのほかブログと相性が悪い。このあたりを今後、知恵を出していかないといけない。

ただ、くれぐれも凝りすぎないようにするつもりだ。見てくれにこだわりだしたらきりがない。全ての移行作業が終わるのは2015年に入ってから。あれこれこだわってもよいことはないので、やめる。

このサイトとそっくりのレイアウトのサイトが世の中にあちこちあるのは、僕がそのまんま無料のブログテンプレートを使っているからだ。いじりたくて仕方がないけど、やらない。やっちゃいけないと思っている。

さて、明日からまた別の連載が始まる。まだ今時点では何にするか決めていないけど。旧サイトからの移植作業をしながらになるので、あまり手間がかからないものを優先させたいと思っている。

ソーシャルリンク

広告