PINKでアチョー

アチョー

東京都・JR西国分寺駅で発見された光景。上の写真では見にくいので、画像をクリックしてみて欲しい。大きく表示されるから。

後注:データ破損のため、拡大写真は紛失しました。ごめんなさい。

何を撮影したかったか、分かる?分からない?画面中央のパチンコ屋の電光看板を見て欲しい。これが、撮りたかった正体だ。

まだわからない?よく見ろ。

「パチンコ」の「パ」の字が接触不良のため抜け落ち、「チ●コ」という破廉恥極まりない言葉を盛大に日本国民に宣伝しとる、というのはよく聞く話だ。よくある事象なのかどうかは不明だけど、とにかく「ベタ」な話で今更それくらいで笑ったりはするまい。

しかし、このパチンコ屋、そんなアンニュイな状態を見事に裏切ってくれたよ。

「PACHINKO」とローマ字表記されていて、偶然か必然か、「P」「I」「N」「K」という文字が光らないようになっているのだ。

何?PINK、ピンクだぁ?

ひょっとして、表向きはパチンコ屋であっても、実は裏で怪しい性風俗店を経営しているのではないかという疑惑・・・

しかも、「PINK」が抜けているわけで。

PINKでヌく? ますます妄想たくましくしてしまうではないか。

・・・すまん。お下品になってしまった。PINKってのは今この文章を書いている時に気づいたものであって、写真を撮った時は抜け落ちていない文字の方に気がいってたのだ。

ACHO

アチョー

電光表示なので、左から右に、一文字一文字

A C H O

ア、チョ、オー

しかもご丁寧にゆっくりと表示されたり早く表示されたりして。

あ ちょ  ー  アチョアチョアチョアチョーッ!!! あ、ちょーっ。

思わずつられて駅のホームで、「アチョーッ」と叫んでしまい周りから白い目で見られてしまったのは内緒だ。ブルースリー万歳。

(2001.08.28)