カーシェアリングを契約する

カーシェア

マイカーを手放して以来、必要な時はレンタカーを借りていた。

しかし、実は家の近所の駐車場でタイムズがカーシェアリングをやっていることに気がついたので、利用してみることにした。

カーシェアのカード

会員証を車の右後ろガラスにある非接触カードリーダーにタッチすると鍵が開く。そして、助手席グローブボックスの機械に車の鍵が刺さっているので、それを抜き取ると車が使えるようになる。

よくできたものだ、タイムズはかなり車を作り込んできている。

しかも、カーナビには自分宛のサービスメッセージが表示されている。ごくありふれたカロッツェリアのナビなのだけど、かなりカスタマイズされている。

ナビの行き先は自宅から、タイムズのサイト経由で設定することができる。また、時間延長もナビの画面から設定できる。

ただし、レンタカーと比較した際、割高なのは事実だ。短時間で子供の送り迎えをする、といった利用方法なら得になる局面もあるだろうが、一泊旅行に行くとか、日帰りでも遠方に行くとなればレンタカーの方が安いことが多い。

このあたりはかなり複雑に料金シミュレーションをしないといけないので、あんまりコスト意識は持たないほうがいい。

レンタカーとは違って、「家の近所のコインパーキングから発着できる」ことと、「事務手続きがなく、予約時間になったらすぐに出発できる」というフットワークの軽さが魅力となる。

比較すべきはレンタカーではなく、「マイカーを持つコストと比べて安いかどうか」ということだ。

()

コメント



タイトルとURLをコピーしました