京都みれにあむ新年初詣

京都で拝めば御利益倍増

 日 時:2000年(平成12年) 01月03日
場 所:京都市 平安神宮、銀閣寺
参 加:おかでん、ばばろあ、蛋白質、ヤマグチ(以上4名)

銀閣寺

2000年。巷ではやたらと「ミレニアム」という言葉が跋扈している。いい加減聞き飽きたフレーズだが、乗るしかない、このビッグウェーブに。ミレニアム初詣、と称して京都の平安神宮に行ってくることにした。京都の神社仏閣に行けよ、いろいろ捗るぞというお告げがあったからだ。
集まったのは関西在住であるばばろあ、蛋白質、そしてアワレみ隊隊員ではないが古くからの知人のヤマグチ氏。おかでんだけが東京在住で、この日は帰省先から帰京する際の途中下車で京都にやってきている。

まず平安神宮に参拝し、そのあと銀閣寺に行った。取り立てて面白い話があるわけでもなく、写真もあまり残っていないので詳細は割愛。
歩く
おまけ。

この日はおかでんが「蕎麦喰い人種」となった初めての日だった。蕎麦喰い人種行動観察第一回目を飾っているお店訪問がこの日だ。

酔う蛋白質

このとき蛋白質と一緒に蕎麦を食べたのだが、慣れない昼酒に目を回してしまったのが蛋白質。写真は、街路樹の柵に座っていた蛋白質が、酔いのせいでバランスを崩し後ろに倒れてしまったところ。

「俺酒弱いんだって!パッチテストやったら皮膚が真っ赤になるんだから!」

と力説する蛋白質。念のために言っておくが、おかでんが無理やり飲ませたという事実は存在しないので注意。

この蕎麦屋訪問体験で、昼酒は良いもんだ・・・じゃなかった、蕎麦屋で酒と蕎麦を頂くのは良いものだ、と改めて実感。以降、蕎麦喰い人種として今に至っている。




ソーシャルリンク

広告