満腹日本シリーズ(その01) 作戦司令本部

ひとりぼっちの日本シリーズ (2001.10.21/東京・板橋)

登場人物
師匠:最近陰がすっかり薄くなった、「過去の遺物」。
おかでん:最近大食いとは無縁の生活を送る、「過去の遺物」。

師匠 「あれ、おかでん君また痩せたんじゃないの?ちょっと前会った時と比べてさらに痩せてるぞ」

おかでん 「山に登ると、その後しばらくは食べても太らない体質になるんですよ。今シーズンは結構山に登ったんで、体重は春先と比べて3キロくらい減ってます」

師匠 「だろー?・・・なのに、なぜ今、このコーナーを復活?しかも、『作戦会議だ』なんてわざわざ私を呼び出すたぁ穏やかじゃあない。大体、最近大食いなんてやってないんだろ?」

おかでん 「大食い、やってないですねえ。最近の『大食い選手権』や『フードファイトクラブ』といったTV番組を見てたら、僕みたいな甘ちゃんが大食いに手を出しちゃイカンのじゃないかって気になってしまって。どう逆立ちしたって、あの出演者達の足元に及ばないってのがわかっちゃったんで」

師匠 「まあ、確かにあの番組を見てると、何か圧倒されるよな。100mを9秒台で走れる、って言われても『へえー、すごい』って感じだけど、牛丼を20杯食べるとかの方が身近なだけに単純に畏敬しちまうわな」

おかでん 「そんなこんなで平穏無事な生活を送っていたおかでん青年のもとに、ある情報が寄せられたワケです」

師匠 「なんだいきなり解説口調になってからに」 おかでん 「東京ドームで大食いチャレンジをやっているんです、今。いいですか、読みますよ」

10/15(月)-31(水)までの17日間、東京ドームシティのレストラン10店舗で、「満腹日本シリーズ」が開催されます。食欲の秋にぴったり(?!)なボリュームたっぷりメニューをご用意しております。制限時間内に完食すれば無料になるどころか、期間内に9つあるすべてのメニューを制覇された方には、「東京ドームシティ年間ランチ無料パス」を進呈します!

師匠 「ほおー。こりゃ面白い企画だな。複数店舗が連動した形で大食いチャレンジを受け付けるなんて、滅多にないはずだぞ。面白いじゃない、一軒ずつ叩きつぶしていけ!許す!私が許可するから、心おきなく行って来い!空爆、特殊部隊その他何でも手法は問わぬ。行って玉砕してこい!」

おかでん 「え、玉砕・・・失敗しろ、と?」

師匠 「ああごめんごめん。行って生きて帰ってこい!と言い直そう」

おかでん 「師匠、そんなにこの問題は単純じゃないんですよ。よーく見てくださいよ、この開催日程」

師匠 「え?・・・あ、10月31日までなのか?」

おかでん 「今日は何月何日?」

師匠 「10月21日。って・・・おい!あと10日しかないじゃないか!」

おかでん 「そうですよ。だから問題なんですってば」

師匠 「残り10日間で9種類の大食い?ほとんど毎日食べまくらないといかんのか!ははは、こりゃもう笑っちゃうしかない状態だな!東京ドーム日参。熱心なジャイアンツファンだってそんなことやらねぇってば」

おかでん 「日参してれば御利益ありますかね?」

師匠 「あるある!きっと体重激増!っていう確実な御利益があるって!こりゃいい、ここまでムチャクチャだったら、悲壮感無いよ。やっちまえ、やっちまえ!前言をさらに撤回だ、行って玉砕してこい!死んでこい!」

おかでん 「ああ。。。ここで『馬鹿言ってるんじゃないおかでん君、むちゃだやめとけ』って言ってくれれば、僕は喜んでこの企画から手を引くつもりだったのに!何で言ってくれなかったんですか」

師匠 「あれれ、あんま乗り気じゃないの?坊や?」

おかでん 「坊やって言うな。そりゃあ、乗り気じゃないですよ。何でわざわざ太りに行くの?苦しい思いをするの?なーんて、理性で考えればこの企画に乗るメリットなんて皆無ですからね。食事代がタダになる?全店制覇で1年間ランチ無料?いや、貧乏学生でもないですし、旨いものをカネ払ってそこそこ食べられればそれでいいッス」

師匠 「ぶわっかモン!まさかキミの口からそんなコトバがでるとは思わなかった!師匠、大いに失望した!・・・って、ちょっと待てよ。最近小泉首相の『感動した!』って流行ったけど、『失望した!』ってのを逆に流行らせるってどうだ?」 おかでん 「いや、『どうだ?』って言われても」

師匠 「そんなことはどうでもいいんだよ、それよりそのキミの態度だ、軟弱もの!このこんにゃく野郎!」

おかでん 「こ、こんにゃく野郎・・・」

師匠 「ぐにゃぐにゃしていて一本ぴーんと筋が通っていないって事よ。今思いついた造語だ。君も明日からでも使いたまえ」

おかでん 「やめときます」

師匠 「なんと。・・・ッと待て、また話がずれた。ええーっと。おお、そうだ、でもよ、『作戦会議』と称してわざわざ私を呼びつけるってことは、結論としてはやってやってやりまくってワオ!という事なわけな?」

おかでん 「ワオ!は余計ですけど、まあそういうことです。今回ほどネガティブな気持ちでのチャレンジもなかなかないですけど。目の前にこれほどおいしいネタが転がっているんですから、アワレみ隊OnTheWeb的に放ってはおけない」

師匠 「泣けてくるねえ、見直したよ、君を!おいしい料理よりもおいしいネタに食いつくその根性。馬鹿丸出しだな」

おかでん 「師匠師匠、言ってることの最初と最後が180度内容が違ってますよ。少なくとも褒めコトバにはなってない」

師匠 「小さい!小さいよおかでん君。君は明日から9チャレンジ連続なんだろ?もっと大きくいかないと!」

おかでん 「で、ここからが本題なんですよ。この企画ってものすごく戦術を練らないと難しいんですよ、日程的に。だから作戦をこの場で練りたいと思うわけです」 師匠 「確かにそうだな、じゃ、その9食についてもう少し詳しく教えてくれよ」

ベースボールカフェ:メジャーリーグセット (14:00-20:00)
ピッキーズ:キャッチャーミットハンバーグステーキ (14:00-20:00)
ハンプティーズガーデン:ベストナインプレーヤーズセット (14:00-19:00)
ウィナーズ:パスタ+ピザ各3皿 (14:00-17:00)
和風レストラン花道:特大ジャンボあんみつ (14:00-18:00)
ミスターパオ:必勝ラーメン3杯 (14:00-17:00)
そば処葵:せいろそば9杯 (14:00-19:00)
ホットドッグイン:ホットドッグ9本 (14:00-17:00)
フェスタカフェ:オニオンマヨネーズドッグ9本 (14:00-18:00)

師匠 「右側の時間はチャレンジできる時間帯って事かい?えらく短いところもあるなあ」

おかでん 「さすがに昼と夜の混雑する時間を外してますね。でも、14時から17時なんて、平日には絶対にチャレンジできないですよ。ッてことは土日にチャレンジするしかない」

師匠 「社会人の辛さよのぉ。おかでん君、会社は17時30分が定時だよな?キッチリの時間に退社して、東京ドームに着いたとしても18時15分くらいか。・・・げッ。平日チャレンジが時間的にできないのが9品目中5品目もあるじゃないか」

おかでん 「そういうことです」

師匠 「って事は、この5品は土日で一掃?無理だ、どう考えたって無理だよこれは!食べ切れれば無料なんだろ?どの品だって相当なボリュームがあるに決まってるんだから、1日1品がやっとじゃないのか?」

おかでん 「・・・。何とか平日昼間も活用しないと駄目でしょうね」

師匠 「会社サボって?社外で打ち合わせのふりをして、実は東京ドームで大食いやるって?」

おかでん 「そりゃ無理です、このサイト、お客さんも会社の人も見てますから。すぐにバレます。そこまでリスク犯してまでこの企画と心中する気はありませんってば」

師匠 「じゃ、どうするの?」

おかでん 「昼飯食べる暇なく、打ち合わせ・・・ってのが今週あるんですよ。だったら打ち合わせが終わった時点で『遅ればせながらのお昼休み』って事で東京ドームに行けるかなと。あと、夕方に打ち合わせの予定もあるんで、外出先から直帰ついでに立ち寄るとか」

師匠 「うーん、苦しいなあ。大体、平日夜だって大丈夫なのかい?定時退社なんてまずできっこないだろ、君の今の状況だと」

おかでん 「まあそうなんですけどね、幸か不幸か今週は『雇用体制の確立に向けた残業ストライキ』を労働組合でやるらしいんですよ。春闘ならぬ秋闘です。だから、まあ建前上は早く帰ることができそうです」

師匠 「ふーん。まあ状況は最悪っていうほどでもないのだな。でも、それでも、1日1品ずつ平らげていかないと駄目な事には変わりないわけだ」

おかでん 「逃げ道は、無いですね」

師匠 「まずはラクなものから胃袋を馴らしていきなよ。ほら、せいろそば9杯なんて楽勝じゃないの?」

おかでん 「あ、言い忘れてましたけど、このチャレンジはすべて時間制限があるんですよ。そばの場合、3分33秒で完食しないといけない」

師匠 「え、3分33秒?うそだろ、わんこそばじゃないんだから、そんな短時間で9枚もせいろを手繰れるもんか。えーっと、1枚あたり・・・」

おかでん 「13.6秒ですね」

師匠 「えーっ!?13.6秒だぁ?それ、大食いじゃなくて早食いじゃないか。ごめん、どうやったら13.6秒をキープしつつ9枚も食べられるのか、想像すらできん」

おかでん 「僕もです。このほか、ダークホースである特大あんみつは4分44秒ってなってますし、これもキビシい」

師匠 「じゃ、一番ラクなのはどれなんだ、実際のところ?」

おかでん 「パン類は食べにくくて大苦戦しそうです。ってことで、キャッチャーミットハンバーグステーキが一番ラクかなあって思うんですが」

師匠 「肉1kg・・・。時間制限が18分51秒か、なるほどこれだったらおかでん君だったら大丈夫なんじゃないかな」

おかでん 「味に飽きなければ、の話ですけどね」

師匠 「じゃ決まりだ、明日10月22日月曜日は、1kgハンバーグに挑戦。見事勝ち抜いて、次回以降の起爆剤にする、と」

おかでん 「失敗したらその時点でこの企画は終了、と」

師匠 「そらそうだろう、このぎちぎちの日程だとリカバリーショット打つ暇すらないもんな。凄いな、1回たりとも負けられない戦いってわけだ」

おかでん 「おかげで、今日からしばらくこのサイトのHEADLINEは大食いチャレンジの話題ばっかりになりそうですよ」

師匠 「結果を残せば、の話だけどな」

果たして、たった1日の連載で終わるのか、それとも今後9回連載が続くのか。運命のゴングは明日、22日に鳴る! アワレみ隊OnTheWebでは、この結果を毎日速報でお伝えする。期待して待て!

ソーシャルリンク