ヘルシオ調理実習05-きんぴらごぼうときのこのグリル

この記事は約2分で読めます。

ウォーターオーブンを使った料理の提案として、「同時に複数の料理が作れます」というものがあった。

あんまり便利だとは思わなかったが、レシピ本に載っている以上は試してみないと気がすまない。

というわけで、やってみた。

きんぴらごぼう、最初はピーラーを使ってごぼうをささがきにしていたんだけど、途中で面倒になって普通に刻んだ。輪切りのものとかあるし、明らかにやる気が無い。

にんじんにいたっては、カレーにでも入れるのか?というようないちょう切りだったりする。

グリル

味付けはみりん、料理酒、醤油、ごま油。鷹の爪を刻んだものを上に振り掛ける。

きのこグリルは、えりんぎ、まいたけ、えのきだけ、しめじを散らし、塩胡椒とバター。 で、ウォーターオーブンで19分ほど加熱。

できあがり

出来上がったのは、正直まずかった。両方とも、フライパンで炒めてこそ味が引き出されると思う。きのこなんて特にそうだ。バターソテーにした方がはるかに香ばしくておいしかったはずだ。

きんぴらごぼうはささがきになっていないせいもあり、レシピどおりの加熱時間だと、火のとおりが甘かった。おかげで甘みが少ない微妙な味に。 やっぱり無理してヘルシオを使うようなレシピって、出来が微妙だと思った。自分のいい加減な調理法は棚にあげて。

次、きんぴらを作るときはフライパンでやろう。 でもその前に、ささがきをちゃんと最後までやる根気を身につけること。たわしでゴボウを洗った時点でくたびれちゃったもんなぁ。

(2014.02.06)

タイトルとURLをコピーしました