炊飯器実習10-たっぷり野菜のローストチキン

たっぷり野菜のローストチキン

炊飯器実習(10)。

ローストチキンだというのに、唐揚げ用にぶつ切りされた鳥もも肉を買ってきてしまった。

本当は塊肉のほうが良かったのだろう。 相変わらずいい加減。

材料のところに「かぶ」と書いてあったけど、冷蔵庫に大根が残っていたので代用。

にんじん、ごぼうも入れるらしいのだけど、ならばときんぴらごぼう用のカット野菜真空パックを買ってきて応用。

さといもは冷凍品。

冷凍庫をあけたついでに、冷凍いんげんを見つけたのでいんげんも臨時投入。

たっぷり野菜のローストチキン

さてこの料理、全体の何十%が中国製でしょうか。 ・・・いや、余計なことを考えるのはよそう。

味付けはオリーブオイルに塩胡椒。ローズマリーを入れていて、さわやかな香りが料理を包む。 炊飯器で40分ほど加熱したら出来上がりだったが、シンプルでよい。

たっぷり野菜のローストチキン

毎度毎度、「こんなの、鍋で作れるじゃないか」と思う。IHコンロの家なら、わざわざ炊飯器でやるだけ面倒だろう。 でも、ガスコンロなら、火の番を長時間しておかないといけないので、面倒。だからやっぱり炊飯器万歳。

ちなみに、こういう料理を作っていると、内釜に料理の味が染み付いてしまうので注意。 「石垣島のラー油」をかけてみたら、ますます美味しくなった。これはいい。

(2014.04.10)