炊飯器実習11-パスタパエリア

この記事は約2分で読めます。

パスタパエリア

炊飯器実習(11)。

パスタパエリア、というと大げさなネーミングだが、実際は炊飯器でトマトソースベースのスパゲティを作っちゃおうぜ、というもの。

調理は相変わらずいい加減。 えび、いか、あさりといった魚介類を入れるのだが、「冷凍品でいいや」。

玉ねぎ、ピーマンなどは粗みじんぎりにせよ、とレシピには書いてあるんだけど、「薄切りでいいや」。

しめじ、と書いてあるけど、「冷蔵庫にしいたけがあったからそれでいいや」。

白ワインなんてないから、「料理酒を入れちゃえ」。

トマト缶半分?そんなの、余っても困るから1缶入れちゃえ。

ヤングコーンも一袋、コーン缶詰も丸ごと。

利用頻度が低いスパイス(クミン、オレガノ、カイエンペッパー、ローズマリー・・・)をこの際入れちゃえ。

レシピには書いてないけど。 炊飯器を早炊きモードにしてスイッチを入れたが、それでも炊飯終了のメロディが鳴る前にもうできあがっていた。

パスタパエリア

味は・・・辛い!炎のようだ。カイエンペッパー、入れすぎた。分量見当違い。普段使わない香辛料だから、手加減がわからなかった。

でも味は上出来。 スパゲティをゆでるための鍋や、ソースを作るための鍋・・・といったものがいらなく、炊飯鍋一つで済むというのは楽ちん。

問題は、具だくさんすぎて、原材料費がかかりすぎているということ。 一人暮らしの食事にすべきではない。

(2014.04.17)

タイトルとURLをコピーしました