牡蠣を食べまくる@かき小屋新橋

かき小屋新橋

前日、渋谷のかき小屋で牡蠣を焼いたばかりなのに、今日もかき小屋。今度は新橋。

かき小屋新橋

予約困難店。3月頭に電話した際、既に3月いっぱいは「土日の昼は全滅」「平日も19時からの予約は殆ど全部の日、埋まってる」有様だった。 かろうじてこの日、予約を突っ込めたという次第。

かき小屋新橋

2名で訪れたら、相席となった。見知らぬ人と向かい合いながら、一つの網で仲良く牡蠣を焼く。

かき小屋新橋

一人あたり600円で飲み物の持ち込みOK。 周囲のお客さんの多くは、ワインを持ち込んでいた。600円の持ち込み料の元を取ろうとすると、どうしても高いお酒っていうことになるのだろう。

かき小屋新橋

このお店は、蒸し牡蠣のお通しが出る。 タイミングとして、一通り食べ物の注文を済ませた後になって出てくるので、食い地獄になりかかるので注意が必要。

それにしても女性が多い。 なぜ女性は牡蠣が好きなのか。

(2014.03.17)

タイトルとURLをコピーしました