亀戸餃子

この記事は約1分で読めます。

亀戸餃子

亀戸を代表する飲食店の一つ。

これまで、行列を前に諦めていたが、この日は行列なしだったので入ってみた。

コの字型のカウンター席。

その中に、大きな餃子を焼く丸い鉄板。常に餃子を焼き続けている。

ウーロン茶の瓶

着席すると、すかさずおばちゃんから「何飲みます?」と聞かれる。

このお店は、食べ物は餃子しかない。飲み物に自由度があるだけだ。 ウーロン茶を頼んだが、お冷やであっても特に問題はないようだ。

亀戸餃子

餃子は2皿以上の注文が必須。 着席時に「3皿」と頼む。

でも、特に数を指定しなくても、おばちゃんがわんこそば状態で皿が空になる都度、新しい皿を勧めてくる。

亀戸餃子

餃子は優しい味。 肉肉しさはなく、野菜が多い。 そのため、1皿5個はすぐに食べられる。

周りを見渡すと、いい年をしたおっちゃんでも、老酒などを飲みつつ6枚、7枚と皿を重ねている。

だいたいそれくらいはみんな食べるようだ。

僕はこの日は様子見的な気分だったので、3皿で終わり。

やみつきになる味とは思わなかったが、行列がなければすっと立ち寄りたい、そんな魅力がある餃子。

(2014.04.15)

タイトルとURLをコピーしました