おはよう!ブルガリア@ワールド・ブレックファスト・オールデイ

この記事は約1分で読めます。

ワールド・ブレックファスト・オールデイ

世界の朝食を紹介するお店、「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」。

3月と4月はブルガリアを紹介する、ということなので、昼さがりだけど行ってみた。

「オールデイ」だから、朝から夜まで朝食が食べられる。

以前、ベルギーの回の時に行ったので、今回は2度目。

店内は女性でいっぱい。というか、店員含めて男性は僕一人。完全にアウェイ。

カトラリー

場末の中華料理屋でさえこんなに詰め込まないぞ、というくらい、隣との間隔が狭い狭い。座るのがためらわれてしまうくらいだ。体格が大きい僕は、ちょっと恐縮してしまう。しかも、男一人だし。すいませんすいませんと肩をすぼめて着席する。

大きな机一つしかない店内なので、全員が学食のようにその机に向かって食事をする。相席しかありえないお店の作り。

料理の紹介文

ブルガリアの朝食として紹介されたのは、「バニッツァ」という料理。 早い話、パイだ。甘くない、おかずパイ。 こんなのを朝に食べてるの?と感心させられる。朝からハイカロリーだなぁ。

バニッツァ

ワンプレートで供される食事は、バニッツァは全体の一部。 それ以外に、野菜などがいろいろ盛り込まれている。なるほど女性好みだ。 お値段は1,500円と高いけど、ワンプレートでこれだけ盛り込んでいるなら納得だ。ただし、朝からこのお値段は無理だけど。

タイトルとURLをコピーしました