山菜天ぷらを揚げる

この記事は約2分で読めます。

山菜天ぷらが大好きなので、蕎麦屋などで食べたいと願い続けているのだが、なかなか難しい。天ぷらというのは大概どの蕎麦屋でも扱っているけれど、「山菜の天ぷら」となると、いくら旬であっても置いていないお店の方が多いからだ。海老にどうだどうだとお皿の上で姿形を自慢されても、ちっとも嬉しくなく、残念な気持ちになる。

結局しびれを切らして、自分ちで揚げてしまうことにした。

天ぷら食材

一人暮らしで揚げ物。あんまりありがたいシチュエーションではないけど、今この家ならできそうな気がする。

昔住んでいた家は、電気コンロで火力が全然足りなく、揚げ物として成立しなかった苦い思い出がある。油の温度を高く一定に保てなかったため、衣がずるりとはげてしまったり、衣が油でずぶずぶになってしまったり。 で、キッチンまわりが粉まみれになるのだから、やる気がうせて当然だ。

揚げてみる

しかし、今の家はガスキッチン。電気コンロ(IHコンロではない)とは雲泥の差の火力。

からっと揚がった山菜

すばらしい。がんがん天ぷらが揚げられる。

「こつのいらない天ぷら粉」を使えば、雑に水と混ぜても、冷水を使わなくても、簡単に天ぷらができる。

たくさん揚がった山菜

コンロの前に椅子を置き、揚げながらがんがん食べた。

キッチンで調理中

たらの芽、ふきのとう、こごみ、まいたけ、ピーマン、みょうが。 しこたま食べたので、とりあえず今シーズンもう山菜が食べられなくても後悔はない、という具合になった。

(2014.04.07)

タイトルとURLをコピーしました