金のイタリアン

この記事は約1分で読めます。

金のイタリアン

昔のダンス仲間と会食。 インストラクターさんも交えての女子会に、僕が一名ぴょこんと加わっている構図。

最近、何か人と会う・参加するとなると、女性とばっかり知り合う事になる。本当に男性との縁が少ない。

フィットネスクラブでは、インストラクターとフィットネス会員とが仲良くなることは御法度だ。インストラクターは人気商売。追っかけがいたり、嫉妬やらなんやら人間の暗部が渦巻くのがフィットネスクラブ。だから、特定の会員とイントラが仲良くなるのは駄目だし、記念撮影なんかも原則NGだ。

しかし、僕はそのフィットネスクラブをやめて久しく、他の人たちもすでにちりぢりバラバラ。今回は同窓会として、ようやく会食の場がセットできた。これならやましいことは何一つない。

面倒臭いルールだな、と思うけど、実際食事をしながら僕が知らなかった「フィットネスクラブのどろどろ話」を聞かされると、納得するしかない。

金のイタリアン

池袋にあるお店だったが、料理は廉価で、味は良かった。店員さんの応対も良かったし、機会があればまた利用したいお店。 「俺のイタリアンのぱくり?」 という声も上がったが、決してそうではないと思う。偶然名前が似ただけだろう。「○○の」と店名についたら、何でも「俺の」シリーズのお店に似て見えてしまう。

(2014.04.27)

タイトルとURLをコピーしました