二度目のブルーボトルコーヒー訪問

ブルーボトルコーヒー

清澄白河に立ち寄り、ブルーボトルコーヒーでアイスコーヒーを飲んでみた。

ブルーボトルコーヒー

さすがに入口にはガードマンはもういない。そこまで行列ができる店ではなくなった、ということなのだろう。

とはいっても、店員さんが入口ドア付近には常に待機し、ニコヤカにドアを開閉してくれる。そこまでしなくていいのに、よくやるなあと感心する。

ブルーボトルコーヒー

店の外まで行列はないにしろ、びっくりするくらいの立地条件の悪さな割には客はいっぱい。みんなスマホで店内の写真を撮りまくっていた。

ブルーボトルコーヒー

前回シングルオリジンのホットコーヒーを飲んで驚愕したので、今回は同じくシングルオリジンだけどアイスコーヒーにしてみた。 ニカラグアだったかな?お値段500円。

味は・・・まあまあ。良い豆、良い焙煎、良い抽出をしているのだとは思うけど、やっぱりアイスコーヒーにしてしまうと味がよくわからなくなる。香りが立たないし。

このお店まで猛暑の中てくてく歩いていく手間まで含めると、アイスコーヒーを飲みたければセブンイレブンの100円コーヒーでいいんじゃないか、と思った。

喫茶店という位置づけではなく、焙煎工房+豆の貯蔵庫の片隅で飲食スペースがあるというお店。だから、飲み喰いする際の居心地だって悪いし。

もしまたここまでやってくることがあるなら、改めてホットコーヒーを頂きたい。

(2015.07.22)



タイトルとURLをコピーしました