遅ればせながら鏡開き

鏡餅なんて家に飾ったことがなかったのだけど、この歳になってくると「四季折々のしきたり」というのを大事にしたい気持ちが強くなってきている。

なので、鏡餅も家にセットしてあった。

縁起担ぎなんてつもりは微塵もない。ハロウィンの時、若者達が仮装に精を出し大盛り上がりするのと大差はない。 オッサンはオッサンなりに、日常の中に刺激が欲しいのだった。

その気持ちの表れが鏡餅であり、鏡開きだった。

そんなわけで、鏡開きのタイミングなんて正式なルールから大いに外れ、今頃になってようやくやっているありさまだ。

そもそも、「鏡開き」といったって、トンカチで叩いて餅を割る、なんてことはなく、ラミネートパックに充填された餅を包丁で割るだけだ。 風情というのは皆無だけど、それでも何か深く満足した。

七草粥を食べたことだし、次は節分か。

「恵方巻は流通業界の陰謀だからやりたくない」と思ってきたが、今年あたりは多分陥落し、ニコニコしながら恵方巻にかぶりついていそうな気がする。

(2016.01.17)

コメント

タイトルとURLをコピーしました