かき食べ放題@かき小屋新橋

冬なので牡蠣が食べたくなるのです。

「広島出身だからですか?」と聞かれるが、広島に住んでいた頃そんなにバクバク食べていた記憶はない。もちろん、牡蠣フライなんぞは頻繁に食卓に上がったけど、「殻つきの牡蠣をグリルで」みたいな見た目豪快なものは食べていない。

「殻つき」というのはあくまでも見てくれが良いからであって、普通に食べる分には剥き牡蠣のほうが楽でおいしいし。

広島市の沿岸部には、「牡蠣打ち小屋」と呼ばれる施設がたくさん並ぶ。水揚げされた牡蠣をそこで仕分け、殻を剥いて、包装して発送する場所だ。

そして、殻が施設内には山積みとなっているのだが、そこにわずかに残った牡蠣の身を狙ってたくさんのトンビが空を旋回している。 ぴーひょろろろろろ と鳴くトンビの声は、海の近くに住む広島市民にとってはとてもなじみが深い。トンビが猛禽類だなんて全く思ったことさえない。

牡蠣食べ放題+ドリンク持ち込み料であわせて4,000円弱。このお店は、600円程度のお金を払えばドリンクを持ち込むことが許されているのだった。なので、お気に入りのお酒をガツンと持ち込んで、牡蠣を食べつつ飲みまくることができる。楽しいひと時。幹事としても、「酒を飲む人・飲まない人」に配慮しながら割り勘をしなくて良いので楽だ。

冬は牡蠣を大いに食らう。アレルギーなどがないのであれば、是非おすすめしたい。

(2016.02.07)

コメント

タイトルとURLをコピーしました