「浅草さくら」でメロンパン

「浅草花月堂」のメロンパンといえば、一日に3,000個売るなどと話題だ。ものは試しに食べに行ってみたら、浅草寺脇にあったお店が移転しており、空振りだった。

移転先まで歩いていくのも面倒だなあ、と思っていたら、便乗商法でメロンパンを売るお店があるものだな。こういうところにはうっかりお世話にならないようにしなければ。

浅草のお店

で、通りすがりに見つけたお店、「浅草さくら」。「L.SIZE みはる」とかいう服飾店の片隅に構えたお店で、メロンパンを焼いて販売していた。

めろんぱん

またここも便乗商法か、と思っていたら、看板に「浅草花月堂」の表記がある。

??? しかし、花月堂の表記は一カ所だけで、それ以外は「浅草さくら」とか「浅草めろんぱん」という表記だらけだ。花月堂とどういう関係にあるのかわからない。便乗商法と思われるが、いくらなんでもパクリが露骨過ぎる。どういうことだ?

さっぱりわからないが、とりあえず食べてみた。 「どうせニセモノだろうけど、あえてここでニセモノを食べて、いずれ本物を食べて『ああ本物はやっぱり旨いね』という展開も良いのではないか」 と思ったからだ。

めろんぱん

で、浅草めろんぱん220円。 結構大きい。 中はホームベーカリーで焼いて、できあがり直後のパンみたいだ。ふわっふわで、簡単に裂ける。で、皮はかりっとしている不思議なギャップ。これはニセモノかもしれないけど、結構うまいぜオイ。 4/5個くらいしか食べなかったが、結構満腹感がきた。予想外の大満足。

・・・帰宅して調べて見たら、この「浅草さくら」というのは浅草花月堂の支店で、プレミアムめろんぱんを出すお店だということが判明。あ、本物でしたか。そりゃ失礼しました。

(2019.12.17)

コメント



タイトルとURLをコピーしました