濃いボジョレー・ヌーボーという存在

文京区は千駄木に、「ケープルヴィル」という写真館がある。

CAPLEVILLE | 東京都文京区千駄木 谷根千にある古民家フォトスタジオ。専属カメラマン若山和子が撮影!
CAPLEVILLE | 谷根千にある古民家フォトスタジオ。専属カメラマンは日本で唯一カンヌ映画祭オフィシャルプレスパスをもつフォトグラファーが皆さんを撮影します。1Fにはカフェもあり、写真館だけでなく様々な利用方法がございます。是非一度遊びにお越しください。

1階がカフェで、2階が古民家の風合いを活かした写真スタジオになっている、こじんまりとしたお店だ。

ケープルヴィル

あれっ、というほど建物は小さい。間口が狭いだけでなく、奥行きもさほどない。しかもお店は路地に入ったところにある。

僕は、谷根千エリアにある別のカフェで「ケープルヴィルってお店があって、そこは良いよ」と聞いていたので訪れてみたのだけど、初めての時はその外観にビビって素通りしたくらいだ。

ビビる必要なんてないんだけど、到底これがカフェには見えなかったからだ。何しろ、狭いお店は奥行きがなく土間があり、その奥には小上がりがあるからだ。まさに普通の民家。カフェと言われればそうかもしれないが、なんだか部外者が立ち入りにくい雰囲気を感じた。

そんな初回訪問だったけど、今じゃすっかり顔なじみのお店になっている。月替りのランチは必ず食べにいくようにしているし、時々やっているサークル活動的な集まりにも顔を出している。先日は、勢い余って2階のスタジオで写真撮影をお願いしたくらいだ。

ケープルヴィルのボジョレー

ここのオーナーはカメラマンであるとともにソムリエの資格も持っていて、さらに最近はチーズの資格まで習得したというマルチな才能の人だ。フランスに住んでいたという経歴があることから、ワインの買い付けルートは独自のものを持っているようだ。

そんなオーナーがボジョレーについて熱く語る。「とにかく、濃いんです」と。

濃いボジョレー?そんなもの、あるのだろうか。聞いたことがない。

お酒を1滴も飲めない僕が偉そうなことを言う資格はないのだけれど、ボジョレーというのは熟成が浅いぶどう酒なのだから、味は当然薄い。なんでこんなものにボトル1本2,000円前後払うのか、と思わざるをえない物足りなさだ。イベント性を楽しむものだ、と割り切らないと割に合わない味、それがボジョレー。

なのに、ケープルヴィルのオーナーは「ボジョレーって薄いって思ってるでしょう?濃いのもあるんです」と自信たっぷりだ。解禁日前にしてそう宣言するということは、そういうワインを醸造しているシャトーにツテがある、ということなのだろう。それは面白い。ぜひ、「濃いボジョレー」を見てみたいものだ。

そんなわけで、2019年の解禁日である11月21日に、お店を訪れてみた。

ケープルヴィル

もちろん僕はお酒が飲めない。味見程度、すらできないので、ボジョレーの解禁日なんて全く意味がないことだ。かといって自家製ジンジャーエールでも飲んで過ごすというのもつまらない。

そんな貴方に朗報、ここにはノンアルコールワインが赤白両方用意されている。これはさすがにボジョレーと全くの無縁だけど、まあ、雰囲気を楽しむってことで。

ケープルヴィル

オーナーがいつにもましてウキウキだ。今日解禁となったばかりのボジョレーを手に、解説をしてくれる。

「片方はお花畑の上を飛んでいるような、そんな華やかな感じ。もう片方はノンフィルターということもあって、お花畑を這ってるような感じ」

ということを本当に嬉しそうに語る。

ボジョレーの瓶というのは、スーパーの店頭などで大手メーカーや流通業が輸入したものを目にする機会が多いが、それらは大抵派手なラベルだ。中にはペットボトルのものもあったっけ。それと比べて、今回お店が用意したボトルは地味。でも本来こういうものなのだろう。

ボジョレーとお肉

ワインの味について僕はコメントできないので、あとはもう同じテーブルを囲んだ人たちの「おお」とか「ふむ」とかいう反応を見て「どうなの?美味しいの?どういう感じなの?」と聞くしかない。

実際に、かなり濃厚かつ香り豊かで美味いらしい。へええ、ボジョレーでうまいというものがあるのか。

僕の連れは、肉料理とボジョレーをあわせてご機嫌だ。薄い味のボジョレーは、一体何の料理とマリアージュさせればよいのやら、と思ってしまうが、今回の濃いやつならガッツリした肉でもイケるらしい。

そういえば、メルシャンなんてボジョレーの解禁日にあわせて、赤ワインだけでなくて白ワインも用意して販売しているな。ボジョレー・ヌーボーというのは本来赤ワインのはずなんだけど、「やっぱり紅白で飲んでみたいな」という人向けに白ワインも用意してあるようだ。そのかわり、よく見ると「ボジョレー・ヌーボー」とは書いておらず、「マコン・ビラージュ・ヌーボー」と書いてあったりする。

ケープルヴィル

さて一方の僕だが、ノンアルコールワインを注文してみた。

クリスマスの時くらいは、自宅用にノンアルコールスパークリングワインやノンアルコールワインを飲むことがある。しかし、当たり外れが大きい世界で、チョイスに失敗することもある。

妙に甘いとか、ワインに似せようとして無理に渋めにしてあるとか。

単なるぶどうジュースにしてしまうと意味がないので、もう少しワインっぽくしなくちゃ、となると作り手はなかなか難しい。ぶどうジュースならば、スーパーで小岩井ブランドの100%ジュースを買ってくればいい、ってことになっちゃう。ワインの場合、渋いのから酸っぱいのから甘いのからいろいろあるので、どういう味をノンアルコールで目指すのか、というのは難しい。

ケープルヴィル

このお店でよくワインを飲んでいる、という同卓のお客さんから、「ここのノンアルコールワインはおいしいですよ」と教えてもらう。「まるではちみつを飲んでいるようです」とも言う。はちみつ?ベタベタに甘いの?それはちょっと。

裏面ラベルを見ると、「ワイン用ぶどうのジュース」と書いてある。へえ、ワインを作るためのぶどう品種でジュースを作ったのか。でも、ワイン用のぶどうって、食用としてはおいしくないと聞いたことがあるのだけれど?

「いや、そんなことはないですよ。ちゃんとした農家さんが作っていれば、ワイン用のぶどうも十分においしいです」

とオーナーさんがおっしゃる。勉強になる。

ケープルヴィル

右がノンアルコールワイン、左がボジョレー・ヌーボー。

うっかり間違えるとやばいので、写真撮影はほどほどにしておかないと。でもそれくらい、見比べてもわからない。

飲んでみると、たしかにこれには驚いた。ワイン風のぶどうジュースという雰囲気にはなっておらず、「これって単なるぶどうジュースやないか!」というベクトル。でもかなり美味い。同卓のお客さんが言う通り、蜜めいた甘みがある。こってり濃厚な甘みと、濃さ。これはすごい。こんなぶどうジュースは飲んだことがない。

ジュースだけど、お酒を飲んでいる人と同じペースでチビリチビリと飲むのがちょうどいい。それくらい、濃い味わい。こんなジュースに出会えたのはかなり幸運だと思う。

白ぶどうジュースもいただく

気になったので、白の方のノンアルコールワインも飲んでみた。

「ノンアルコールワイン」という言い方はお店の売り方の都合でそう言っているだけで、やっぱりこちらもれっきとした「ぶどうジュース」だ。ワイン風飲み物、とはいえない。でもこれも赤いやつに負けず劣らず、甘くて濃厚。このままかき氷にかけて食べたいくらいだ。

他のみんなは濃いボジョレーを、そしてお酒が飲めない僕は濃いぶどうジュースを。いずれにせよ、幸せな一晩であった。そんな2019年のボジョレー解禁日だった。

(2019.11.21)

コメント



タイトルとURLをコピーしました