オードブル・ルーレット

「オードブル」としかメニューに書いていなかったので、夫婦揃って

「なんだろうね、これ」「なんだろう」

とひそひそ話。

蝶ネクタイの給仕さんがいるような洋食店なので、もちろん聞いたら丁寧に教えてくれるだろう。でも、それは無粋というものだ。

オードブルの値段を見る。

そして、オードブルと同じページに書かれている「前菜」エリアの料理をざっと眺める。料理名だけでなく、値段も大事だ。

「ふむ」

なんとなくの雰囲気を掴んで、それでこの謎の「オードブル」を頼むかどうかを夫婦で目配せしあって決める。答え合わせなんてどうでもいい。メニューに載っていない料理が盛られていることだってざらにあるし、「どっちがお得か」なんてけちくさいことを考えているわけじゃない。

「オードブル」を頼むことでエキサイティングかどうか、だ。ワクワクするかどうか、だ。値段がそれなりに高いので、心拍数が上がる。

(2022.02.05)

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください