わざわざ蒜山ジャージーヨーグルトを東京にお取り寄せする至極

蒜山(ひるぜん)ジャージーヨーグルト、というヨーグルトをご存知だろうか。

蒜山といえば、岡山県の北側に広がる高原地帯で、乳脂肪分が多くて味が濃厚な乳を出すジャージー牛を使った酪農が有名だ。

そのジャージー牛乳を使ったヨーグルトなんだが、めっぽううまい。

僕が初めてこのヨーグルトに出会ったのはアワレみ隊の岡山温泉めぐりのときだ。

あわせて読みたい
郷緑温泉すっぽんの旅 【精力つけて岡山巡り】 日 時:2008年(平成20年) 04月28日~29日 場 所:郷緑温泉、奥津温泉、小森温泉 他 参 加:おかでん、ばばろあ、しぶちょお(以上3名) 親戚の...

しぶちょおとばばろあがスーパーでわざわざ10個入りのケース買いをしていたのが特に印象的だ。だって旅先で要冷蔵品を10個も買うんだぞ。その日の夜のうちに10個全部食べるぞ!というわけだ。

でも実際に食べてみて、これは確かにうまかった。乳脂肪分が多いせいで、乳清がヨーグルトの表面にうっすらと浮いている。汁気が出ていて水っぽいというわけじゃない、深いコクが溢れ出ているんだ。だから面食らった。

だいたい、スーパーでヨーグルトがダンボールのケースで売られていることが驚きだ。でも、それだけまとめ買いニーズがあるということだ。

残念ながら、ご当地の岡山県でさえどこのスーパーでも手に入るというわけではない。少なくとも、僕の観測範囲である倉敷市界隈だと、スーパーでの遭遇率は半分、といった印象だ。

運良く手に入っても、「当店ではバラ売りをやっていません。ケースのみで売ってます」というお店もある。お店の人に交渉してみたけどバラ売りを断られたので、「一人一個でいいんだけどなあ」と思いながらケース買いをしたことがあるくらいだ。

そんな蒜山ジャージーヨーグルト、ついお取り寄せしちゃった。

義父の誕生日お祝いをどうしよう?と考えていたとき、「おいしくて、食べやすくて、珍しいものをちょこっと」というコンセプトで思いついた。

要冷蔵品なので、通販で購入するとかなり高い。いくらAmazonで買ったって、Prime会員送料無料!とはいかない。本体価格と送料が拮抗してしまう値段になってしまうけど、「これを贈り物にすると絶対に喜ばれるぞ。そういう自信が僕らにはあるぞ」という品なので安心感がある。

ほら、よくあるじゃないですか、ネットで見て「良さげ」だったので贈り物に選んでみた、って。でもそういうのは時々選択をミスる。その点このヨーグルト、華美さはないけれど確実だ。

で、実家への贈り物として楽天で発注したんだけど、つい我慢できなくなって自家消費用にも買ってしまった。

こんなことをやっているから貯金が貯まらないんだよなあ、と思いながらも、蒜山ジャージーヨーグルトなら許す!しょうがない!という気持ちが夫婦にはある。なので、値段についてはいいっこなしで夫婦揃ってニコニコで食べた。ちなみに本体1,300円+送料770円。

なお、弊息子タケには一口味見をさせる程度にしておいた。こういう贅沢をさせるにはまだ早い。

(2022.03.08)

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください