久しぶりにジャリコを作る

きっかけは忘れたけど、久々に有楽町のスパゲティ店「ジャポネ」の看板料理、「ジャリコ」を作ってみたくなった。

やっぱりこういうジャンクな食べ物をドスッと食べたくなるのは、理詰めじゃない。衝動的なものだ。

昔、「家ジャポネ」と称して自炊していたことがあったものだ。

あわせて読みたい
家ジャポネ、新入幕で。-ジャリコを作ってみた 以前、美貌の盛りでジャポネを取り上げたことがあるのでジャポネの解説は割愛するが・・・ 最近、とみにジャポネの行列が長くなってしまっている。以前は11時30分-14時...

この記事のタイムスタンプをみると、2006年。随分昔の話だ。この頃はまだネットは発展途上で、今のようにあれもこれも情報や食材が手に入ることはなかった。しかし今なら簡単だ。

ほれ、2006年時点では入手困難だった太さ2.2ミリのスパゲティだって、簡単にネットで買える。

嬉しくなって、つい「Amazon定期便」の設定にしちゃった。毎月届けられて今後どうする気だ。

届いた2.2ミリスパゲティ1袋を使って、ジャリコを再現してみる。

作り方はいい加減だ。歳を重ねるにつれ、昔持っていた情熱とこだわりは減ってきているのを実感する。昔はマニアックに再現しようとしていたけど、今は適当にもほどがある。「たぶんこんな感じだったようなきがする」といいつつ、食材を中華鍋に投げ込んでいく。

昔は実際のお店ではどの順番でどの程度、食材が鍋に入っていくのかを客席で観察し、それを家で再現していたものだ。でも今じゃ、順番も食材も適当。

お陰で今回、麺の量の割には具がすくないジャリコが出来上がった。

というか、2.2ミリ麺がすごすぎるんだ、茹でたらやたらと膨張したぞ。こんな存在感になるとは思わなかった。実際に本当の2.2ミリ麺を扱ったのは人生初だったので、油断していた。

それにしても、適当な割には美味しくできたと思う。もちろん一晩では食べきれないので、いしは翌日と翌々日、自分のお昼ごはん用に弁当箱に詰めて職場に持っていっていた。気に入ってもらえて何よりだ。

まだスパゲティは残りがあるので、引き続きあれこれ再現料理をやってみようと思う。

(2022.03.02)

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください