おでんと大学芋が同時に売られているお店

こんなお店があった。

左が「江戸うすくちおでん」のお店、右が「東京の大学いも」のお店。

看板は別だけど、同じ店名だし厨房はつながっている。

いや、売っているもの自体は奇抜でもなんでもなくごく普通のものだ。でも、「おでん」と「大学いも」が同時に売られている、というのはちょっと珍しい気がする。

おでん種でさつまいもってあったっけ?と想像してみたけど、多分ない。煮崩れるからだ。じゃがいもならあるけれど。

あと、おでんは煮物、大学芋は揚げ物だ。厨房器材も異なるものだ。

このお店の前を通る機会は今後なかなかないので、大学いもを買って帰った。いしが焼き芋や大学いもをこよなく愛しているからだ。

食べてみたら、バリッとした食感の大学いもではなく、ふわっとやさしい食感の、甘すぎずベタつかない心地よい大学いもだった。あっさりしているので物足りなく感じるかもしれないけど、好きな人も多いと思う。

(2022.03.28)

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください