いろいろな料理を食べたいんだけどなぁ・・・。

近所に、汁なし担々麺と麻婆豆腐をメインに据えたお店がある。

ラーメン店のように店先に自動券売機があるので、とても気軽に食事ができる。僕にとって、自動券売機があるというのはすごくありがたいことだ。店に入る前に十分悩めるからだ。「よし、このお店に入ろう」と決心した時点で食べる料理が確定している。

何を当たり前なことを、と言われそうだが、最近の僕はすっかり食に対する情熱が落ち着いてしまっていて、外食!食べ歩き!という意欲が失せてしまった。すぐに「家で柿ピーでも食べながらノンアルビールでいっか」と考えてしまう。結婚して子どもができたら、自分ひとりだけ外食で贅沢をすることにとても罪悪感を感じるようになったからだ。

そういう気持ちに陥らないためにも、決心したらすぐお金を払う、メニューを決めるという「店先自動券売機」は心底ありがたい。店の中に入って、あれこれメニューがあって悩む、というのは今の僕にとって面倒臭くてイヤだ。

で、このお店なんだけど、いくら便利だからって頻繁に使っているわけではない。せいぜい年に数回程度だ。

注文する際はたいてい「汁なし担担麺とミニ麻婆丼セット」を選んでいる。セットになっていて値段がお得なのと、僕が食べたいものがズバリ組み合わさっているからだ。ありがたい。

でもこのお店には他のメニューもある。刀削麺とか、あさり麺とか。そういうのをたまには食べたい、と常に思っている。でも数ヶ月に一度の来店だったら、どうしても「まいどおなじみのメニュー」を選んでしまう。食べたいものだし、値段が安いからだ。

写真は、「これじゃ駄目だ、少しは辛抱しないと」と自分を説得し、「ミニ汁あり担担麺と麻婆丼セット」を選択したときのもの。汁なしから汁ありに変わった程度だ。

このお店に限ったことではない。「あのお店はいいよなぁ。今度は違う料理を頼んでみよう」と思っていても、いつまで経ってもその願いが叶えられないことがある。悔しいなあ、と思いつつ美味しい料理を頬張っている矛盾。

(2022.07.17)

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください