秋葉原で中華モーニングビュッフェを食べる

「味坊集団」と呼ばれる中国料理の勢力が、東京の東側に存在する。

主に神田~上野のあたりに何店舗もある中国料理のお店で、一店舗ごとに店名もコンセプトも違い、個性的だ。

チェーン展開をしているわけではなく、お店ごとに個性が立っていて、面白い。「いずれ、味坊の系列店舗は全部巡ってみたい。」なんて考えているくらいだ。

一番有名なのは、御徒町駅近くにある「羊香味坊(やんしゃんあじぼう)」だ。このお店は、グルメ雑誌で名高い「dancyu」で特集記事が組まれるほどの存在感を放つ。

そんな味坊が、このたび秋葉原に「香福味坊」というお店をオープンしたという。特徴的なのは、朝から営業をしていて、朝食バイキングがあるということだ。お粥をはじめとする中華ならではの朝ごはんが廉価で食べられる、という。

これは面白い。朝食の外食といえば、カフェのモーニングサービスやホテルのビュッフェがあるけれど、どれも一長一短だ。せっかくの外食なのにトーストとゆで卵、というのはワンパターンだし面白くない。安いのはありがたいけれど。一方ホテルビュッフェは、種類が豊富だけれど値段が高いし、朝からそんなにたくさん食べたい気分でもない。

そんな中、中華朝食ビュッフェ、品数が絞られているので値段は安い、しかも秋葉原駅前と聞くと俄然興味が湧いた。週末に行ってみよう。

秋葉原駅昭和通り口を出てすぐのところに、いつの間にか新しいビルが建っていた。知らなかった。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください