三好耕三写真展「1972~」@Gallery 916

写真展、というのはどうも見方がよくわからない。 インターネットの時代になって、写真を見る頻度と量というのは膨大になった。だからこそ、「プロの写真家」が撮影するものの意義が問われている気がする。

戦場カメラマンのように、「危険を顧みず現地に行ってこそ撮影できる一枚」というのは、よくわかる。でも、日常の1シーンを切り出したような写真の場合、どこがどうプロ的なのか、そういうのがつかみづらい。

こういうのは、回数を重ねていろいろな写真展を見ていけば、感性が培われていくものなのだろうか?

Gallery 916

Kozo Miyoshi 1972-

湾岸にある元倉庫を利用したギャラリー。倉庫だけあって、がらんと殺風景な敷地。でもそれがなんとなくモダンっぽくも感じさせる。 入場料800円。

Gallery 916入り口

平日ということもあり、客は僕以外誰もいなかった。 僕の受付を済ませたあと、受付嬢は事務所に引っ込んでしまった。 だだっ広いスペースを、僕が独り占め。しばらく写真と、対話した。どこがどうプロ的なのか、と。

(2013.10.03)

コメント

タイトルとURLをコピーしました