美術・博物

美術館、博物館、アートギャラリーなどに関する話題。

爆発した芸術を散歩する

東武博物館

東武スカイツリーライン東向島駅に隣接する、東武鉄道の博物館。 鉄道高架の下に作られているので、細長い作りになっている。
爆発した芸術を散歩する

NHKスペシャル関連企画「大江戸」展 写楽の眼・恋する歌麿-浮世絵ベストコレクション- @江戸東京博物館

江戸東京博物館で「大江戸」展をやっている、ということで行ってみた。 NHKスペシャル「大江戸」とのタイアップらしい。
爆発した芸術を散歩する

進化するデジタル印刷 ―オンデマンド出版からバリアブル印刷まで―@印刷博物館P&Pギャラリー

飯田橋からも江戸川橋からも後楽園からも、どこからも遠い場所にある印刷博物館。 トッパンの建物の1階と地下1階にある。
スポンサーリンク
爆発した芸術を散歩する

「大相撲」の幕開け―土俵・番付・化粧廻しの誕生―@相撲博物館

両国国技館の一角にある、相撲博物館。
爆発した芸術を散歩する

第63回重要刀剣等新指定展@刀剣博物館

ひたすら刀が展示されているという、特殊な博物館。 これまで、名湯と呼ばれる温泉を巡るのは好きだったけど、名刀を鑑賞する趣味は全くなかった。ギラリと妖しく光る刀の迫力はさすがのものだ。しかし、何をもって「名刀」なのかは、目が肥...
爆発した芸術を散歩する

日産グローバル本社ギャラリー

みなとみらいから横浜駅方面に歩いて行くと、広がる空き地の先に急に立派な建物が見えてくる。そこに日産グローバル本社がある。 日産グローバル本社の1階部分が、自社の車の展示会場となっていて、賑やかだ。 GTR、フェアレ...
爆発した芸術を散歩する

NHK放送博物館

愛宕神社がある、小高い丘の上の博物館。 なんでこんなところにNHKが?と不思議だったのだけど、NHKがラジオ放送を開始した際の放送局が愛宕山にあったからだという。
爆発した芸術を散歩する

寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽@サントリー美術館

最近、ヘレンド窯とか色絵とか、派手で繊細な作品の陶磁器ばかりを見て、若干食傷気味だった。 僕はどうしても、「これが家にあったらどう飾るだろう?どう使うだろう?」という実用的な観点で作品を見てしまうので、どうもしっくりこなかっ...
爆発した芸術を散歩する

en[縁]:アート・オブ・ネクサス――第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館帰国展@TOTOギャラリー・間

「ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展」には、12組からなる1975年以降生まれの建築家が作品を出展し、表彰されている。 その凱旋帰国ということで、建築模型などが展示されている。
爆発した芸術を散歩する

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション@国立新美術館

スイスの実業家・ピュールレさんが心血注いで集めていた個人的絵画コレクションを一挙公開、という展覧会。 個人コレクションの展覧会というのはたまに行われるが、一般的な展覧会と比べて当たり外れが大きい。どうしても個人の趣味が色濃...
爆発した芸術を散歩する

Tokyo Rumando 写真展 「S」@禪フォトギャラリー

さすがに最近、無知無学のままギャラリー巡りをするのがキツくなってきた。 頭でっかちな、「自分がインテリであることを自慢するための美術」に対して強い反発を持っていた僕は、むしろ全く情報を持たない状態でギャラリーを訪れ、そこで...
爆発した芸術を散歩する

キム・チョンハク@小山登美夫ギャラリー

シュウゴアーツと同じフロアに、小山登美夫ギャラリーがあった。 小山登美夫は日本を代表するギャラリストで、僕はこの人の本を持っている。 「"お金"から見る現代アート」という本で、何故こんな作品に高値が?という疑問に対...
爆発した芸術を散歩する

MAMプロジェクト024: デイン・ミッチェル@森美術館

「アイリス、アイリス、アイリス」という作品。 「植物としてのアイリス(あやめ)、目の虹彩としてのアイリス、ギリシャ神話における虹」という同じ言葉で違う意味を持つ「アイリス」をキーワードにした展示。
タイトルとURLをコピーしました