明治のこころ モースが見た庶民のくらし@江戸東京博物館

江戸東京博物館

モースといえば、「大森貝塚」を発見した人として歴史教科書では必ず取り上げられる人物。

明治のこころ モースが見た庶民のくらし

この人が日本滞在時に蒐集した、当時の暮らしぶりがわかる道具類を展示したもの。

明治のこころ モースが見た庶民のくらし

食器とかさりげないものばかり。 今でこそ希少価値があるものの当時は「なんでこんなものを蒐集するの?」と周りから笑われたことだろう。

それにしても保存状態がいい。大事に扱われてきたのだろう。

なかなか渋く面白い展示だった。

(2013.10.12)

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

タイトルとURLをコピーしました