USSR1991 KEIZO KITAJIMA@POSTALCO

スポンサーリンク

渋谷マークシティ近くにある雑居ビルの3階。

ギャラリーではなく、なにやらいろいろ売っている店の一角での展示。 作者が、ソビエト連邦が崩壊する前の1991年、ソビエト各地を巡って撮影した写真の展示。

情勢が安定するまで、20年以上寝かせていたのだという。で、ようやく2013年に日の目を見た。

さすがソビエト、絵面が重厚。 写っている人も重苦しい顔をしているし、建物もどっしり。何もかも、苦虫を噛み潰した感がある。

2013年の今、同じように写真を撮影したらどのように写るのだろうか?

(2013.10.13)

コメント

タイトルとURLをコピーしました