新井宏輔 村野正徳『太陽好吗』@communitycenter akta

…に行くつもりだったのだが。

見上げると看板が独特

このあたりに立ち入るのは、実は初めてだったが、これがうわさに聞く街なのか! 明らかに街の雰囲気が違う。街頭の看板も、そっち系のものだったりするし。

で、古ぼけた雑居ビル3階に行ったのだが。

看板

「こういう、初めての雑居ビルにもズカズカ入れるようになったんだから、この数ヶ月で僕はずいぶん図太くなったな」

と苦笑いする。昔なら、引っ込み思案な性格ゆえに見慣れない雑居ビルには入る勇気がなかなか無かった。

エレベーター降りてすぐのところに、いろいろポスターが張ってあるのだが、それが刺激的すぎる。男性がお尻をぺろんと出している写真。そのキャッチコピーは「YES!Safer SEX」。

目指すaktaの中では、男同士の談笑する声が聞こえ、それを契機に僕はびびってきびすを返した。 いくら図太くなったとはいえ、あまりにこの扉の先は未体験ゾーンだったからだ。

でも、単なるアートギャラリーなんでしょ?と思って、建物の前で立ち止まり、このaktaについて調べてみたが、そう単純なものではないようだ。同性愛者をはじめとする人たちの交流の場として、汎用的に使われている場所らしい。待ち合わせに使うもよし、愚痴を言いに訪れるもよし、いろいろ相談のために訪れるもよし。そんな活動の一環として、アート作品を展示していたようだ。

ちょっと僕はウブすぎた。また出直してきます。

(2014.01.25)