テート美術館の至宝 ラファエル前派展 英国ヴィクトリア朝絵画の夢@森アーツセンターギャラリー

「ラファエル前派」というグループ自体知らなかったのだが、19世紀中ごろ僅かな期間活動した、イギリスの画家たちのことらしい。ミレイが有名。

いろいろな画家の作品が展示されているのだが、どれも絵がとても綺麗。 写実的なのだが、寓話的な要素も含まれていて、見ていて面白いものばかりだ。

たとえば、「受胎告知」の絵は、大天使ガブリエルには羽がないし、聖母マリアは病院のベッドみたいな簡易なベッドにいて、突然のガブリエルの登場にびびりまくっている顔をしているし。 従来の宗教画の範疇ではない。

実際、当時は相当叩かれたらしい。

(2014.02.17)