ターナー展@東京都美術館企画展示室

東京都美術館

風景画家として、英国最高の巨匠と称されるジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーの大回顧展。

ターナー展

引っ越しの準備をはじめとする様々な予定のため、疲労困憊している僕。 そんな僕にとって、ターナーの絵はひたすら眠たかった。

大半の絵が、霞がかかったようにぼんやりした絵。 しかも、風景画。 風景画って、綺麗なんだけど、気持ちに余裕がないときに見たら、「だからどうした」って言いたくなるよな。

今回が、まさにそう。 「ふーん」といいながら、どんどん絵を見て回った。

眠くて、疲れていて、絵に集中できなかった。 見終わって会場を出たとき、心に残らなかった。

「相変わらず東京都美術館は混むなあ」 という印象が強かったくらいか。

(2013.12.14)