シャヴァンヌ展 水辺のアルカディア ビュヴィス・ド・シャヴァンヌの神話世界@Bunkamura ザ・ミュージアム

19世紀フランスを代表する画家の一人、シャヴァンヌの展覧会。

あちこちの美術館から名画を集めており、見ごたえあり。

写実主義というには写実的ではないような、いややっぱり写実的のような、というなんだか不思議な世界観の絵。

のっぺりしているような、立体的なような、不思議な絵で引き込まれる。

これで宗教画だったら明らかに僕は眠たくなっていたが、殆どがそうではないので、見ていて楽しかった。

でも、会場最後にあった、シャヴァンヌに熱を上げた日本人画家・黒田清輝の作品が一番インパクトがあった。

今、この展覧会の絵を思い浮かべよ、といわれたら、黒田清輝が描いたお坊さんの絵しか思い出せない。

(2014.02.06)