さわひらき@OTA FINE ARTS

この記事は約1分で読めます。

さわひらき展

ヴォルフガング・ティルマンス展の隣にもギャラリーがあり、無料で一般開放しているようなので覗いてみた。

さわひらき、って聞いたことがある名前だとしばらく悩んでみたら、先日オペラシティで見た映像作家のことを思い出した。

言葉ではうまく言い表せない、幻想的な映像が記憶に新しい。

気がついたら、じっと見入ってしまう妙な重力がある。

このギャラリーでも、薄型テレビが並び、そこでスローモーションな白黒映像が流れていた。 ブラウン管テレビから薄型テレビに移行したことにより、現代芸術分野において大きな進歩が合ったと思う。

映像はやっぱり意味不明。でも、やっぱり見てしまった。

(2014.02.28)

タイトルとURLをコピーしました