ブルーノ・タウトの工芸―ニッポンに遺したデザイン展@LIXILギャラリー ギャラリー1

この記事は約1分で読めます。

ブルーノ・タウトの工芸―ニッポンに遺したデザイン展

昭和初期に3年ほど日本に滞在していたドイツの建築家、ブルーノ・タウトの工業デザインの数々を紹介する企画。

時節柄、建物の設計に携わることは殆どできなかったため、かわりにいろいろ工業製品を作っていたというもの。

LIXILギャラリー

京橋にあるLIXILギャラリーはコンパクトなつくりで、ちょっとした展示に最適。

「ブルーノ・タウト?誰やねんそいつ」 というような作家のものを見るにはちょうど良いと思った。

これががっつり大規模に展示されていたとしたら、「よくわからない作家の作品を延々とみるのは面倒」と判断して遠慮しただろう。

電気スタンドや椅子といったものが陳列されている。 とりたてて特殊な形状をしているわけではないが、ちょっとした時間つぶしには楽しめる内容だった。

(2014.03.15)

タイトルとURLをコピーしました