特別展 燕子花図と藤花図@根津美術館

根津美術館

外国人観光客が多い根津美術館。

根津美術館

あと、庭園内のお茶室でお茶会があったのか、和服姿の女性も多く敷地内を歩いていた。

燕子花

かきつばたの青い花が咲く庭園。 その時期にあわせるかたちで、尾形光琳の国宝燕子花図が公開されている。

ポスター

また、その国宝に対抗するかのように、すぐ横には円山応挙の「藤花図屛風」(重要文化財)が配置されているという大胆な構成。

藤の花

燕子花図は、教科書にも載るような名作だけど、これまでの印象としては「のっぺりした絵だな」というものだった。 しかし、改めて現物を見ると、やはり迫力が違う。

とはいえ、やはりなんでこれが国宝になるのかは、よくわからない。それなりの理由はあるのだろうから、そういところまで知識を仕込めばより美術は楽しいのだろう。

しかし、そういうのは僕が嫌う「頭でっかちなアート」。敢えて知識からは背を向けたい、と思っている。

(2014.04.24)

タイトルとURLをコピーしました