LITTLE AKIHABARA MARKET ―― 日本的イコノロジーの復興@ROPPONGI HILLS A/D GALLERY

この記事は約1分で読めます。

LITTLE AKIHABARA MARKET

カオス*ラウンジによる展覧会。

「LITTLE AKIHABARA」というフィクション内におけるコミックマーケットをテーマにしたインスタレーション。

アニメや漫画のキャラクターがびっしり描かれている絵はポップだが、よく見るといろいろそれ以外の人も混じっている。

そういのを見るのも面白いが、これはかなり奥が深そうだ。

何かこのセンスは見たことがある、と思ったら、昨年秋に見た「エクストリームAR画像コア」展の梅沢和木によるものだった。

エクストリームAR画像コア@DIESEL ART GALLERY
梅沢和木の個展。 アニメや漫画のキャラクターの特徴的なパーツを膨大な数、並べたアート作品が特徴。 だれそれの目、とかだれそれの髪の毛、とかそういう部分部分がちりばめられている。僕はアニメに疎いので、そのパーツの山...

オタク文化をパーツとして現代アートに用いる手法は面白い。 親近感があるだけに、にやりとさせられる内容。

しかし、適切なコメントが難しい、この展覧会は。

おかでんにとって、2014年100カ所目の展覧会訪問となったが、相変わらず知識も増えなきゃ、感性も変化ない。

(2014.05.17)

タイトルとURLをコピーしました