榮榮&映里 妻有物語@ミヅマアートギャラリー

ミヅマアートギャラリー

北京を活動拠点としている、中国人&日本人の女性ペアの個展。

妻有(新潟県)で撮影された写真が展示されていた。

榮榮&映里 妻有物語

白黒、棚田、和服、温泉、くねらせた女体、裸。 要約するとそんな感じ。

この作品を見ていない人に、この作品とギャラリー全体の空気感を伝えるのは難しい。

裸体が写っているからエロいようでエロくないし、ノスタルジーなようでそうではないようだし、なんかもやっとしている。

プリント方法や撮影技法など、意識的に(ピンボケではないのだけど)もやっとさせる技術を使っているようだ。

フラストレーションが溜まるもやっと感ではない。 良いか悪いかでいうと、僕は好みだ。

なんだろうな、写真一枚一枚から、アーティストが撮影したものだ、というのがはっきりと伝わってくる。 素人写真とは違う。

こういうプロっぽい写真は見ていて安心する。「ええと、これは何でプロといえるんですか?」という作品って、見ていてとても困惑するから。

(2014.06.19)