青磁のいま 受け継がれた技と美 南宋から現代まで@東京国立近代美術館工芸館

青磁のいま 受け継がれた技と美 南宋から現代まで

近代美術館は竹橋の近くにあるが、そこから少し離れた千鳥ヶ淵の近くに、その分館として工芸館がある。

建物自体が古めかしくて、味がある。

青磁のいま 受け継がれた技と美 南宋から現代まで

しかし、元々美術館用に作られた建物ではないので、狭いし動きにくいという欠点はある。

今回初訪問。

青磁のいま 受け継がれた技と美 南宋から現代まで

青磁をじっくり見る機会なんてこれまで無かった。なんか海王星だか冥王星だかみたいな色をしていて、陰気だという認識だ。

しかし実物を見ると、その淡い青色に引き込まれていく。見ていて飽きない色だ。

しばらく、口を若干開き気味でその世界を堪能した。

 



タイトルとURLをコピーしました