クリエイションの未来展 第1回 清水敏男監修 木村恒介展ー光素(エーテル)の呼吸ー@LIXILギャラリー2

部屋の中には大きな鏡と、椅子が置いてあるだけ。

椅子に座って鏡をしばらく眺めていたら、その鏡は電動で常に少しずつ動いている。

動いているうちに、写りこんでいる自分がゆがんで、大きくなったり小さくなったり。

だからなんなんだ。

(2014.09.15)