ザハ・ハディド@東京オペラシティアートギャラリー

2019年に完成予定となる、新国立競技場のデザインを担当したイラン人建築家ザハ・ハディドの軌跡をたどる展示。

曲線うねうねだけでなく、直線もややこしく交差するデザイン。

いろいろな模型やイメージスケッチを見ていると、パズルに接しているかのような気持ちになる。

建築って、単なるデザインだけにとどまらず、ライフスタイルの提案も含んでいる。

だから資料を見るととても面白い。

(2014.12.03)