奈良原一高 王国@東京国立近代美術館

奈良原一高 王国

写真家奈良原一高が1978年に発表した写真集「王国」を踏襲した形の展覧会。

北海道の男子修道院と、和歌山の女性刑務所の様子を撮影したものだ。

どちらも「外界と隔絶された世界」であり、一体どういう生活を送っているのかという興味と、そこに映されている人たちの迫力とでぐいぐい引きつけられた。

この人は在りし日の軍艦島の撮影も行っており、これもとても興味深かった。

(2014.12.26)

タイトルとURLをコピーしました