北欧デザイナーによる一汁一菜の器 DUKA 北欧流シンプルな食卓@スウェーデン大使館 ベルイマン展示ホール

北欧デザイナーによる一汁一菜の器 DUKA 北欧流シンプルな食卓

スウェーデンに日帰り旅行。

スウェーデン大使館内の広いスペースで、北欧デザインの展示会をやっていた。

北欧デザイナーによる一汁一菜の器 DUKA 北欧流シンプルな食卓

独特な柄の織物などもあったが、主に和食器の展示だった。

北欧デザイナーによる一汁一菜の器 DUKA 北欧流シンプルな食卓

ご飯茶碗、お味噌汁椀、箸置き。

「食べる際に手にとって使う食器」って、多分北欧ではあまりないだろうから、明らかにジャパニーズ食器を意識している。

北欧デザイナーによる一汁一菜の器 DUKA 北欧流シンプルな食卓

ぱっと見、普通の食器のようだ。

しかし、柄がやっぱりどことなく和風ではなく、「おやっ?」という違和感を感じる。

たとえば、ご飯茶碗の柄がワイルドベリーだったり。

これで食事が美味しそうに見えるかどうかは、これまで日本人が培ってきた常識との戦いだ。

最初は、やっぱり受け入れがたいと思う。 しかし、頭を切り換えることができれば、これまでにない斬新なデザイン、ということで日々が楽しめそうだ。

とはいっても、ご飯茶碗なんて家にいくつも必要ない。TPOに応じて使い分けるなんてことはしないので、奇抜なデザインの茶碗ってのは出番がなさそうではある。

(2015.03.19)

タイトルとURLをコピーしました