ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 ーアメリカ合衆国が誇る印象派コレクションから@三菱一号館美術館

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 ーアメリカ合衆国が誇る印象派コレクションから

1800年代後半の絵画って、一番美しいんじゃないかと思う。

僕の趣味嗜好からいうと、そうだ。 絵画技法としては超絶だとは思うが、ルネッサンス期の宗教画だらけなやつは僕は性にあわない。

なに仏頂面してんだよ、という登場人物達の微妙な目つきとか。

その点、1800年代後半というのは町の風景や労働者、庶民の日常生活が生き生きと描かれ、そして奇をてらったぐちゃぐちゃ感もなく、シンプルに、すっと気持ちよく見ることができる。

今回この展覧会で展示されている絵は、どれもそんな点ですばらしかった。

ただ、悪く言えば「家の壁に飾っておけばいいインテリアになるよね」的な作品が多いのだけど。

そんなわけで、展示を見終わったあとにギャラリーショップで熱心にポストカードを物色してしまった。

(2015.04.11)

タイトルとURLをコピーしました