生誕110年 片岡球子@東京国立近代美術館

生誕110年 片岡球子

女性絵画作家の作品ってそういえばあんまり見たことがないな、と思いつつ訪れた展覧会。

描かれている人たちの、不細工さと、でもインパクトが強くて目が釘付けになるっぽさはレオナールフジタ級だ。 もうちょっとかっこよく描いてやれよ、というくらい歴史上の人物にせよ想像の人物にせよ、不細工だ。

でも、その異形が醜いというわけではなく、すがすがしく不細工で、見ていて楽しくなってくる。

けばい色使い、極太の輪郭線、写実的とはちょっと違う顔の表情など、素人臭さがありながらも、トータル的なインパクトはさすがプロと唸らされる。

この人の後期はヌードデッサンもやるようになっているのだが、これがまた美しくないんだわ。モデル自体が、身体がたるんだお年頃の方をチョイスしていたりするのだろうが、「ヴィーナス誕生」のような理想的な美の追究とは違う世界だ。 それがまたこの人の作品の魅力。

とても面白い個性で、堪能できた展覧会だった。

(2015.04.30)

コメント

タイトルとURLをコピーしました