春信一番!写楽二番!特別展 錦絵誕生250年 フィラデルフィア美術館浮世絵名品展@三井記念美術館

春信一番!写楽二番!特別展 錦絵誕生250年 フィラデルフィア美術館浮世絵名品展

鈴木春信の貴重な作品など、錦絵(浮世絵)がいろいろ展示されていた。

時代の変遷とともに、浮世絵がどんどん緻密化し、多色化していく様を見ていくのはとても面白い。

そして、遠近法があってないような微妙な構図だとか、今の日本の漫画に通じる大胆なアングルとか、楽しい。

先日、フランスの風景画ばかりを集めた展覧会をどこだったかで見て「こういう絵もいいもんだ」と思ったものだ。宗教画とか、貴族が山や海で遊んでいるような絵ばかりではなく、庶民の生活に目を向けた絵。そういう「ありふれた題材」が描かれるようになったのは、実は歴史は浅い。

そんな中、浮世絵ってのは本当に庶民的であり、絵によっては「なんでこんな普通の光景をわざわざ絵にしたんだ?」って笑っちゃうようなものも多い。でもそれがむしろ面白い。 存分に楽しめた。

(2015.07.25)



タイトルとURLをコピーしました