美崎光邦展 -茫洋として-@LIXIL GALLERY 3

美崎光邦展 -茫洋として-

毎度毎度、LIXIL GALLERY3は奇妙な陶器が展示されている。

小部屋であるということもあり、自分の感性にあわなければ「ものの30秒」程度でその場を立ち去ることがある。

今回も、中に入ってみて「おおう・・・」と思わず声が漏れる。

さて、どうやってこれらの作品を感じよう?

敢えて「ここには最低、5分は滞在しよう」と決める。時間をかければ、何か作品から聞こえてくるものがあるかもしれない。

深い青に包まれて、一人静かに時間を過ごす。ディープ・ブルーの世界。

悪くない時間だ。

作品と対話はできなかったけど、空間そのものを楽しめたから良かったと思う。

(2017.03.07)



タイトルとURLをコピーしました