椿会展2017- 初心 [email protected]資生堂ギャラリー

椿会展2017- 初心 -

赤瀬川原平という名前は本当によく見かける。

東京ステーションギャラリーで開催中の企画展「パロディ、二重の声」でも登場したっけ。

日本の世相を切り取ることをテーマにした写真の展覧会に行くと、頻繁に「土門拳」の名前が出るのと一緒か。

6人の、全く芸風が異なる作家の展示。

どれも抽象的な内容で、一体これは何が言いたいんだ?と考えると面白い。

作品に近づいてみたり、遠ざかってみたり。

内藤礼の作品で、キャンバスが真っ白なだけのものがあるのだけど、こんな「だからなんなんだ」作品をじーっと見ていると、だんだんどうでもよくなってくるし、楽しくなってくる。

(2017.04.15)

コメント

タイトルとURLをコピーしました