ソール・ライター展@Bunkamuraザ・ミュージアム

ソール・ライター展

ニューヨークを拠点に活躍した写真家、ソール・ライターの展覧会。

昔、写真家とか写真展に全く無理解だった僕は、「この写真の何が凄いの?誰でも撮れそうな写真じゃないか」なんて不遜なコトを思っていたものだ。さすがにたくさんの写真展に行ったので、それがいかに無理解だったかというのは理解してるけど。

そんな昔の僕でも、この写真を見りゃあ黙らずにはおれん、という圧倒的インパクトの作品群。鏡をたくみに利用したり、お店のショーウィンドー越しだったり、トリッキーかつどきっとさせられる構図。

しかも、大胆なアングルの切り取り方が目に焼き付く。彼の構図には日本の浮世絵の影響があるそうだが、なるほど納得だ。

白黒でもビックリドッキリなのに、カラーになるとさらにすごい。他愛のない赤い傘、それだけでもぐぐっとくるアングルと構図。すげえなあ、という言葉を連発してしまう。

プロの撮影する写真ってやっぱりスゲーな、ということを改めて感じさせられた展覧会。

(2017.06.10)



タイトルとURLをコピーしました